中年太りにならないためには?

中年期を迎えるとお腹などが太ってくる人が多いですが、そもそもなぜ歳を重ねると太ってしまうのでしょうか。それは代謝量の減少が大きな原因です。基礎代謝とは、普段生活している状態で体を動かすためにカロリーを消費しながら人間は活動しています。何もしない状態でも生きるために代謝を行っていますが、その基礎代謝の量が歳を追うごとに減少していきます。運動をしないのに、いままで通りの食生活をしていると、それまでは太ることはなかったのにも関わらず、基礎代謝量が減少したことによって、カロリーや脂肪が蓄積されます。運動などをして代謝を促していれば問題ありませんが、運動をしない人は体の中にカロリーを溜め込んで中年太りにつながると言われています。中年太りにならないためには、いままでの生活よりも運動を適度に行ったり、食するものを変えたりと年齢を追うごとに生活を変化させていくことが必要です。運動することであ筋肉が発達し、その筋肉自体がカロリーの消費を行ってくれるので適度な筋肉をつけることは非常に重要です。また、普段からお酒の場が多い人は、無駄なお酒の席を減らすことも重要な要素です。

 

芸能人に中年太りが少ない理由